FC2ブログ

チェコの名指揮者ラドミル・エリシュカ氏のCD新盤

コンデジ(Olympus & Sigma)と日記
09 /05 2009
EliskaCD02b.jpg

先日このBlogでもお伝えした、今年四月のチェコの名指揮者ラドミル・エリシュカと札幌交響楽団の演奏がCDになった。

サンプラーを製作会社から送っていただいて、さっそく聴いた。演奏も録音も入魂の出来。流麗な弦の音に、札響の美点が実によく出ている。

澄明な境地と言おうか、流行とか興行とか演出といった邪念をひとかけらも感じない、澄んだ音楽に涙が溢れてきて止まらぬ。こうした音楽に触れる機会を大事にしたいと思い、エリシュカ氏の演奏を聴き続けてきたが、今回はそのなかでも出色の音源になった。多くの方に聴いて頂きたいと思う。

曲目:
ドヴォルザーク:交響曲第7番 二短調作品70
ヤナーチェク:組曲『利口な女狐の物語』

ラドミル・エリシュカ(首席客演指揮者)指揮 札幌交響楽団
(2009年4月17-18日 札幌コンサートホールKitaraにてライヴ収録)

メーカー:オフィス ブロウチェク 
レーベル:パスティエル
品番:DQC288
定価 2,500円 (税込)
発売日:2009/9/30

こちらのHPや、タワーレコードやHMVから予約できる模様。

●チェコの指揮者 ラドミル・エリシュカのページ
http://members3.jcom.home.ne.jp/eliskafan/
●注文フォーム
http://members3.jcom.home.ne.jp/eliskafan/order.html

コメント

非公開コメント

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。