ドヴォルジャーク オペラ「ジャコバン党員」第三幕「子守り歌」 

アントニーン・ドヴォジャーク (1841-1904)
04 /18 2017

ドヴォルジャーク オペラ「ジャコバン党員」から
第三幕のヤマ場で歌われるこの静かな子守り歌が、主人公を牢獄から救い、親子を和解させるという劇的な展開を招きます。意外に独創的な台本。



Synáčku, můj květe, mé blaho, můj světe, mé nebe!  
「愛しい子、私の花、私の宝、私のすべて、私の天使!
Jak prosí u Boha, tvá matka ubohá za tebe! 
母さんはこうしてあなたのことを神さまに祈ります。
V žalostech zrozený, v naději kojený,
悲しい時に生まれ、希望を育んだ
můj květe, můj květe!
私の花!,
Vykveť nám k radosti, otcova hrdosti!
私たちの喜びを花開かせ、お父様の誇りになっておくれ
V slzách se rozplynu,
私は涙となって消えうせてしまう、
žalostí zahynu, bez tebe!
悲しくて死んでしまう、あなたがいなくなったら!
Synáčku, můj květe, mé blaho, můj světe, mé nebe!  
愛しい子、私の花、私の宝、私のすべて、私の天使!」

コメント

非公開コメント

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。