スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクトル・ベルリオーズ 歌曲「ブルターニュの若い牧人」

エクトル・ベルリオーズ(1803-1869)
10 /08 2015
エクトル・ベルリオーズ 歌曲「ブルターニュの若い牧人」

歌曲集「荒地の花」Fleurs des Landes, op. 13 より
第4曲

原詞 オーギュスト・ブリズー(1803-1858)の詩「ブルターニュ人の歌」(1835) より
楽譜


Dès que la grive est éveillée,
ツグミが目を覚ますと
Sur cette lande encor mouillée
まだ朝露に湿るこの荒地に
Je viens m'asseoir
私は腰を下ろす、
Jusques au soir;
日が沈むまで。
Grand mère de qui je me cache
私の苦手なおばあさんは、
Dit: Loïc aime trop sa vache
言ってる、ロイは牛のことしか頭にないと。
Oh! Oh! Nenni, da!
いえ、いえ、そうではありません!
Mais j'aime la petite Anna.
僕は可愛いアンナが好きなんです。

A son tour, Anna, ma compagne,
牧童仲間のアンナは
Conduit derrière la montagne,
あの山の向こうに連れて行く
Près des sureaux,
ニワトコの樹のそばに
Ses noirs chevreaux;
黒ヤギの群れを。
Si la montagne, où je m'égare,
あの山は道に迷うから、
Ainsi qu'un grand mur nous sépare,
高い壁のように僕たちを隔てている
Sa douce voix,
でもあの娘の甘い歌声は
Sa voix m'appelle au fond du bois.
森の奥から僕を呼んでいる。

Oh! sur un air plaintif et tendre,
ああ!悲しくて優しい歌声を
Qu'il est doux au loin de s'entendre,
彼方から耳にするのは何て甘美なことだろう
Sans même avoir
お互いの
L'heure de se voir!
姿を目にしてもいないのに
De la montagne à la vallée
山から谷合いへと
La voix par la voix appelée
声と声は呼び交わす、
Semble un soupir
それは溜め息のよう
Mêlé d'ennui et de plaisir.
愁いと歓びが混じり合って。

Ah, retenez bien votre haleine,
ああ、息を止めておくれ
Brise étourdie, et dans la plaine,
軽率なそよ風よ、そしてこの平原、
Parmi les blés,
麦畑のなかを
Courez, volez!
駆け抜けて、飛び去っておくれ!
Dieu! la mèchante a sur son aile
神様!あの意地の悪い風は、翼に乗せて
Emporté la voix douce et frèle,
運び去ってしまいました、あの甘美で微かな声を
La douce voix
あの優しい声は、
Qui m'appelait au fond du bois.
森の奥から僕を呼んでいたのに。

----
ベルリオーズの知られざる歌曲集から一曲。ベルリオーズの作品は「楽器編成のはなはだしい拡張や、色彩的な管弦楽法」(Wiki)という、大言壮語的な面が特徴と言われますが、、一方でこうした清楚な曲想の作品が点在していて、同時代のロマン派の作品よりずっと現代的に聞こえます。面白いことに、この曲は冒頭にNaïvement(無邪気に)と指定があって、村人が民謡を歌っているような素朴な趣を感じます。そしてこのホルンのオブリガート!この響きは夕暮れの村の大気「山から谷合いへと/声と声は呼び交わす、それは溜め息のよう/愁いと歓びが混じり合い」と歌われるブルターニュの村の情景を、目の前に生き生きと映し出してくれます。

コメント

非公開コメント

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。