FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルチア・ポップが歌ったドヴォジャークの歌曲

アントニーン・ドヴォジャーク (1841-1904)
03 /19 2015


ルチア・ポップが歌ったドヴォジャークの歌曲がYoutubeで再び聴けるようになったので、改めて取り上げてみました。

ドヴォジャークの作品は、ほんの一部の作品が集中して取り上げられていて、まだまだ多くの作品が半ば眠っているように思いますが、この初期の歌曲も素晴らしい!作者20代の実体験というナイーブな恋の思い出の歌を、ポップが歌詞に寄り添ってじっくりと歌い上げていて、こんなにも多くの思いを秘めた曲であることを思い知らされます。これまで感じたことの無かった思いに動揺し、陶酔し、そして苦しむ心。そして伴奏の繊細さ!例えば第一曲、主人公が夢から覚めた瞬間を描写した転調とか、死への思いから離れつつある第三曲の後奏とか、沢山の聴きどころをお楽しみください。

まず冒頭、後に歌曲集「糸杉」に収められた三曲から。第二曲はかの「ルサルカのアリア」の原曲です。

歌曲集「糸杉」Cypřišeより

歌詞:グスタフ・プフレーガ・モラフスキー
作曲:アントニーン・ドヴォジャーク(1865年、24歳)

第1曲「おお、それは美しい夢だった」
O byl to krásný, zlatý sen,
おお、それは美しい黄金のような夢だった。
Jejž spolu jsme tam snili!
私たちはそこで一緒に夢を見た!
Ach, škoda, že tak krátký jen,
ああ、残念なことだ、あっという間に
Byl sen ten přespanilý.
その夢は過ぎ去ってしまった。

Tak sladká touha v bytosti
あまりにも甘い憧れが
Se celé uhostila
全身を浸してしまった
A při loučení žalosti
そして別れの嘆きに
Se slza dostavila.
涙が込みあげた。

A často chodím na horu
しばしば、私は丘に登り
A za tebou se dívám,
あなたのいる辺りを眺める。
Však po dalekém obzoru
遥かに遠い地平線に向かい、
Jen žal svůj rozesílám!
ただ、私の嘆きを託すだけ!

spolu..一緒に、snili(snít「夢見る」の過去形)、krátký..短い、přespanilý..不詳přespavat ? touha..憧れ、bytosti=being、uhostit se..make、žalosti..嘆き、苦悩、obzor..地平線、視野、žal悲しみ、嘆き、rozesílat..send out


第2曲「私の心はしばしば痛み」
Mé srdce často v bolesti
私の心はしばしば痛む、
Se teskně zadumá,
憂鬱な気分になって。
Ó, že ta láska trnů
おお、愛には棘があり、
A bolestí tolik má.
これほどの痛みがある。

Ta láska přejde jako sen,
愛は夢のように過ぎる
tak krásná, spanilá
あれほど美しく、気高い愛が
A za kratinko upne jen
そして、ほんの少しの間に全てが、
Se na ní mohyla.
土の下に埋まる。

A na mohylu kámen dán,
そして塚の上には石が置かれ
Nad nímž tam lípa bdí
菩提樹の木が見守る
A na kameni nápis psán:
石にはこう刻まれている;
Zde srdce zvadlé spí
「ここに萎れた心が眠る、
Zde puklé srdce spí!
ここに張り裂けた心が眠る!」

bolest痛み、苦痛, zadumá(zadumání)メランコリー, trn棘, přejde(přejít)過ぎる、移動する, kratinko(kratičký)とても短い, upne(úplně)完全に, mohyla墳、墓,lípa=linden, bdí= bdít見張る、気を配る, nápis短い掲示、zvadlé(zvadlý)色あせた、萎れた, puklé(pukat)割れた、裂けた

第3曲「それほど多くの人の心に」
V tak mnohém srdci mrtvo jest,
これほど多くのひとの心に、死が宿っている
Jak v tem né pustině,
暗い荒地のように。
V něm na žalost a na bolest,
心には悲しみと苦しみ、
Ba, místa jedině.
それだけしかない。

Tu klamy lásky horoucí
恋の幻影が狂おしく
V to srdce vstupuje,
心に入りこむ、
A srdce žalem prahnoucí,
そして悲しむ心は渇え、
To mní, že miluje.
思う、これこそが愛なのだと。

A v tom-to sladkém domnění
その甘い幻想は
Se ještě jednou v ráj
天国にいるかのよう
To srdce mrtvé promění
死んだ心は変容して、
A zpívá, zpívá, starou báj!
歌いはじめる、古い物語を!

mnohý=many, jest→být、něm..ono(srdce「心」)の三人称前置格、vstupuje→vstoupit入る、prahnout喉が渇く、mnít古語→domnívat se「思う」domnění幻想、ráj=paradise、proměnit..変える、変換する、báj..神話

コメント

非公開コメント

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。