FC2ブログ

アンドレ・カプレ 歌曲「夏の夜の夢」

アンドレ・カプレ (1878-1925)
11 /13 2011
「夏の夜の夢」Songe d'une nuit d'été

原詩 ポール・フォレ
作曲 アンドレ・カプレ(1919年、41歳)

La rose libre des montagnes a sauté de joie cette nuit,
et toutes les roses des campagnes, dans tous les jardins, ont dit:

山の野薔薇はこの夜歓びに小躍りし、
平原のすべての薔薇は庭でささやく。

"Sautons, d'un genou léger, mes soeurs, par-dessus les grilles.
L'arrosoir du jardinier vaut-il un brouillard qui brille?"

「飛び出そうよ、ひょいっと、妹たちよ、柵のむこうへ。
園丁の撒く水が、きらきらする霧よりいいはずがないだろ?」

J'ai vu, dans la nuit d'été, sur toutes les routes de la terre,
courir les roses des parterres vers une rose en liberté!

私は見た、夏の夜に、地上のすべての路の上で
薔薇たちが花壇を出て、一輪の野薔薇のもとへ行くのを!


(2分45秒から)

--

「ポール・フォレのフランスのバラードによる5つの歌曲」(1919年)、第四曲。闊達に走り回るピアノは、夏の夜に詩人が見た不思議、薔薇の立てたささやき声と、ケルト民話の妖精のように花壇を走り出て行く幻視の風景!

コメント

非公開コメント

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。