ドヴォルジャークのオペラ「ジャコバン党員」から 第三幕、伯爵のアリア

アントニーン・ドヴォジャーク (1841-1904)
07 /12 2017
ドヴォルジャークのオペラ「ジャコバン党員」から
第三幕、伯爵のアリア

老伯爵とその勘当された息子とを仲直りさせようと、音楽の先生ベンダは説得を試みます。しかし老伯爵は、息子がジャコバン党員になったというデマに欺かれて、それを退けますが、後悔と悲しみに苛まれる、という場面です。父親の怒りと悲しみ、そして過ぎた日々への思い。ドヴォルジャークの声楽曲の真骨頂か。



伯爵 
Ó, nevzpomínej! Ten úsměv děcka,
おお、思い出させないでくれ!あの子の微笑み、
ty líce ruměné, má radost všecka!
薔薇色の頬、わが喜びのすべて!
Ty chvíle blažené se víc nenavrátí.
あの至福の時は二度と戻ってこない!

ベンダ 
Já vždycky sníval, ty slasti času dávného
私はずっと夢見ていました、昔の楽しかった時が
s dítkami syna drahého, že se vám vrátí!
愛しい息子さんの幼子とともに、あなたの許に戻ってくることを。

伯爵 
Ne, nenavrátí! Ten úsměv děcka,
いや、戻ってくることはない!あの子の微笑み、
ty líce zardělé, má radost všecka.
赤らんだ頬、わが喜びのすべて!
Ty chvíle blažené se víc nenavrátí.
あの至福の時は二度と戻ってこない!

ベンダ 
A haluz rodu starého vypučí z kmene jarého; 
老木も春には枝から新芽を吹くといいます。 
ó, pomněte, jsou vaše krev!
おお、血を分けた家族を思い出してください。

伯爵 
To děti ženy cizí,
見知らぬ女が産んだ子か、
k ní nikdy nevymizí má zášť i hněv!
あの女のことを思うと今でも腹が立つ!
Mně odcizila syna, a což víc jeho vina:
わしから息子を奪い、さらにあの息子の不行跡!
se přidat k rotě lidu zvrhlého,
いかがわしい連中の一団に加わった
jenž boří vše, co v světě svatého!
この世の聖なるもの全てをぶち壊すような連中だ!
Má krev, můj syn! To učinil můj syn!
血を分けたわが息子が、そんなことをしでかしたのだ!
Slavného rodu jméno
誇らしいわが家門の名は
na věky potupeno v kal nejnižší!
永遠に地に落ち、泥まみれとなったのだ!

ベンダ
A přece svazky otcovské lásky
それでも父親の愛という絆は
jsou nejbližší!
かけがえのないものです!

伯爵 
Ne, ne, já nemám syna!
いや、いや、私には息子はおらん!
Jdi, nemluv o něm dál!
行ってくれ、あの子のことは二度と話さないように!

スポンサーサイト

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。