イルデブランド・ピツェッティ 「3つのペトラルカのソネット」より

イルデブランド・ピツェッティ(1880-1968)
10 /09 2016
イタリアの近代歌曲の大作曲家、イルデブランド・ピツェッティ(1880-1968)が残した「3つのペトラルカのソネット」。これはピツェッティが亡妻マーリアに捧げた曲だという。亡くなった妻の思い出を、現世では結ばれることの無かったペトラルカ(1304-74)のラウラとの思い出に重ねながら、14世紀の古詩を現代に蘇らせたこの響き。対訳を寄せて下さった二期会の名バスバリトン、畠山茂さんに感謝。



「ペトラルカの3つのソネット」より
Canzoniere CCCXI
カンツォニエーレ 311
Quel rosignuol, che sì soave piagne,
あのナイチンゲールがあんなに甘く泣くのは
forse suoi figli, o sua cara consorte,
きっとその子らの、あるいは愛しの妻のため。
di dolcezza empie il cielo e le campagne
優しさで天を充たし、また野をも充たすのは
con tante note sì pietose e scorte;
その慈悲深く軽やかな調べの数々で。
e tutta notte par che m'accompagne,
夜を通じて、あたかも私に寄り添い来ては
e mi rammente la mia dura sorte:
私に我が辛き運命を思い出させて。
ch'altri che me non ho di cui mi lagne,
我が身の他に嘆く相手はいない、と。まさか
ché 'n dee non credev'io regnasse Morte.
女神にも死神の王権が及ぶなんて。
O che lieve è ingannar chi s'assecura!
たやすいものだ、自信ある者を裏切ること!
Que' duo bei lumi assai più che 'l sol chiari
双の、綺麗な、陽よりずっと明るい光が、
chi pensò mai veder far terra oscura?
誰が思った、暗い土塊の形になると。
Or conosch'io che mia fera ventura
今こそわかるのだ、我が厳しきさだめの意図、
vuol che vivendo e lagrimando impari
生きつつ涙しつつこれを学べ、との意図が。
come nulla qua giù diletta e dura.
この地上ではどんな喜びも続かない、と。

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。