ドビュッシー 歌曲「忍び音に」

クロード・ドビュッシー(1862-1918)
10 /28 2014
ヴェルレーヌの詩「En Sourdine」にはガブリエル・フォーレとドビュッシーの両者が作曲しているが、両者の資質の違いがこれほど浮き彫りになる曲はほかにないだろう。まずフォーレの曲を聴いてみよう。

まず感じるのは、フォーレはロマンチックな恋の物語として描いていることだ。曲想は穏やかで、まるで子守り歌のようだ。秋の夜の公園、夜鶯の声、木の下で語り合う恋人たち。伝統的な設定としてはその通りなのかもしれないが。

詩の第3節冒頭、もっとも高揚するくだりを、フォーレは次のように付曲した。
Ferme tes yeux à demi,/Croise tes bras sur ton sein,
目をなかば閉じて、両腕を胸に組み、
Et de ton coeur endormi
まどろんだ君の心から...
mss00.jpg

男が愛する女に穏やかな語りかけているかのような、甘い旋律。

しかしドビュッシーは違う。ピアノが奏する夜鶯の声とともに現れるのは、まるで意識の底の囁きのような、男の姿を借りて、何か別の存在が二人の間に忍び寄っているかのような、危ういものを秘めた響きだ。
mss 1a


この対比は、フォーレが19世紀の、そしてドビュッシーが20世紀の音楽家ということなのかもしれない。


Fêtes Galantes I 「艶なる宴 第一集」

En sourdine 「忍び音に」

クロード・ドビュッシー 作曲 / 原詩 ポール・ヴェルレーヌ

Calmes dans le demi-jour
ほの明かりのなかに、静けさを
Que les branches hautes font,
高みの梢がつくり出した。
Pénétrons bien notre amour
ぼくらの恋に沁ませよう。
De ce silence profond.
この深い沈黙を。

Fondons nos âmes, nos coeurs
とかし合わそう、私たちの魂を、心を、
Et nos sens extasiés,
そして私たちの恍惚を。
Parmi les vagues langueurs
漠とした物憂さに囲まれて
Des pins et des arbousiers.
松の木や、山桃の木のつくる、物憂さに。

Ferme tes yeux à demi,
目をなかば閉じて、
Croise tes bras sur ton sein,
両腕を胸に組み、
Et de ton coeur endormi
まどろんだ君の心から
Chasse à jamais tout dessein.
どんな考えも永遠に追ってしまいなさい。

Laissons-nous persuader
私たちは身をまかせよう、
Au souffle berceur et doux
二人をやさしく揺するそよ風に。
Qui vient, à tes pieds, rider
風は君の足もとに
Les ondes des gazons roux.
枯葉の芝のさざ波をつくる。

Et quand, solennel, le soir
やがて、おごそかに夕暮れが
Des chênes noirs tombera
黒い樫の木から落ちてくるとき、
Voix de notre désespoir,
私たちの絶望の声、
Le rossignol chantera.
夜鶯が歌うだろう。

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。