モーリス・ドラージュ 歌曲「ラ・フォンテーヌの2つの寓話」より

モーリス・ドラージュ(1879-1961)
09 /30 2014


原詩 ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ
作曲 モーリス・ドラージュ

「カラスとキツネ」Le corbeau et le renard

Maître Corbeau, sur un arbre perché,
カラス殿は、枝にとまり
Tenait en son bec un fromage.
爪にチーズをつかんでいた。
Maître Renard, par l'odeur alléché,
キツネ殿は、その匂いにつられて
Lui tint à peu près ce langage:
ざっとこんなことを言った。
Hé! Bonjour, Monsieur du Corbeau.
「やあ!こんにちは、カラス殿。
Que vous êtes joli! Que vous me semblez beau!
何と貴殿は立派で、なんとお美しくみえることでしょう!
Sans mentir, si votre ramage
掛け値なしに、もしあなたの囀りが
Se rapporte à votre plumage,
あなたの羽毛に匹敵する(美しさ)なら、
Vous êtes le phénix des hôtes de ces bois.
あなたは森の主の不死鳥でありましょう。」
A ces mots le corbeau ne se sent pas de joie;
こんな言葉にカラスが有頂天にならないわけがなく、
Et, pour montrer sa belle voix,
美しい声を聞かせるために
Il ouvre un large bec, laisse tombe sa proie.
大きくくちばしを開けたので、獲物のチーズは落ちてしまった。
Le renard s'en saisit, et dit: Mon bon monsieur,
キツネはそれを摑んで言った。「よいですかな、
Apprenez que tout flatteur
あなたは知ることです、すべてお世辞というものに
Vit aux dépens de celui qui l'écoute:
聞き入る者は、食い物にされるのです。
Cette leçon vaut bien un fromage, sans doute.
この教訓はチーズひとかけの価値はありますぞ、疑いなく。」
Le corbeau, honteux et confus,
カラスは恥じて、取り乱して、
Jura, mais un peu tard, qu'on ne l'y prendrait plus.
誓いましたとさ、ちょっと遅すぎましたが、二度とかつがれまいと。

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。