ガブリエル・フォーレ 歌曲集「幻想の水平線」より

ガブリエル・フォーレ(1845-1924)
05 /22 2012
ガブリエル・フォーレの最後の歌曲集は、第一次大戦で若くして戦死したJean de la Ville de Mirmont (1886-1914) の遺作詩集「幻想の水平線」による。夭折の詩人と、死を前にした老作曲家の二人の幻想の旅は、ピアノの伴奏の高鳴る動悸のような波の音とともに幕を開ける。

全4曲を通奏する潮騒の音、洋上に輝く月の光...海をモチーフにしたフランス歌曲のなかでも、自分も海辺に立ち、潮風を呼吸しているような鮮烈な印象を残す曲集。そして航海の果てにふたりが辿り着く岸辺、平凡な日常のなかに眠っている、かけがえのない人生の輝きを見出した主人公の最後の台詞は、聴く人にいつまでも響き続けるのではないだろうか。

...j'ai de grands départs inassouvis en moi.

***

ガブリエル・フォーレ 歌曲集「幻想の水平線」より
第一曲「海は果てしなく」 La Mer est infinie 




La Mer est infinie et mes rêves sont fous.
海は果てしなく、ぼくの夢は狂おしい。
La mer chante au soleil en battant les falaises
海は太陽に向かって歌う、断崖に打ちながら。
Et mes rêves légers ne se sentent plus d'aise
ほくの軽やかな夢は、嬉しさに我を忘れ、
De danser sur la mer comme des oiseaux soûls.
海面に踊り狂う、酔いしれた鳥のように。

Le vaste mouvement des vagues les emporte,
波の大いなる躍動はぼくの夢を運び
La brise les agite et les roule en ses plis;
そよ風は揺すり、その小波のなかにくるみ、
Jouant dans le sillage, ils feront une escorte
航跡に戯れ、伴走する船となる、
Aux vaisseaux que mon coeur dans leur fuite a suivis.
ぼくの心が追いかけた、遠ざかってゆく船たちに。

Ivres d'air et de sel et brûlés par l'écume
大気や潮に酔い、海の泡に灼かれるが、
De la mer qui console et qui lave des pleurs
その海はぼくを慰め、涙を洗い流してくれる
Ils connaîtront le large et sa bonne amertume;
ぼくの夢は外海と、その心地よい潮の苦みを知るだろう。
Les goélands perdus les prendront pour des leurs.
迷ったかもめたちは、ぼくの夢を仲間だと思うだろう。

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。