セザール・フランク 歌曲「ル・シルフ」

セザール・フランク (1822-1890)
04 /28 2012


春の爽やかな大気の香りのような一曲。若き日のフランクの知られざる歌曲です。ピアノの伴奏に奏でられるチェロのオブリガートは、目に見えない大気の精の足取りのよう。


セザール・フランク 歌曲「ル・シルフ」

原詩 アレクサンドル・デュマ
作曲 ゼザール・フランク(1842–3年、20歳頃)

Je suis un sylphe, une ombre, un rien, un rêve,
私はシルフ、影、無、夢、
Hôte de l'air, esprit mystérieux,
大気に住む、不思議の精、
Léger parfum, que le zéphir enlève,
西風に乗る軽やかな香り
Anneau vivant, qui joint l'homme et les dieux.
人と神々を結ぶ、生きている輪。
*シルフは大気の精、男性。

De mon corps pur les rayons diaphanes
私の澄んだ体から、透き通る光りが漂い
Flottent mêlés à la vapeur du soir;
夕べの霞に流れて溶け合う。
Mais je me cache aux regards des profanes,
しかし私は俗世の眼から逃れ
Et l'âme seule en songe peut me voir.
夢見る魂だけが私を見ることができる。

Rasant du lac la nappe étincelante
水面の輝く湖をかすめて
D'un vol léger j'effleure les roseaux;
低く飛び、葦に触れ、
Et, balancé sur mon aile brillante,
きらめく翼をひるがえして
J'aime à me voir dans le cristal des eaux.
水晶のような水を見つめるのが、私は好きだ。

Dans vos jardins quelque fois je voltige;
お前の庭のなかを、私は時々飛びまわる
Et, m'enivrant de suaves odeurs,
そして、甘美な香りに陶酔して
Sans que mon pied fasse incliner leur tige,
足で庭草を踏むことなく
Je me suspends au calice des fleurs.
私は花々のうてなを撓める。

Dans vos foyers j'entre avec confiance,
お前の住まいに、私は胸を張って入り、
Et, récréant son oeil clos à demi,
目を半ば閉ざし
J'aime à verser des songes d'innocence
無垢の夢を見させるのが好きだ、
Sur le front pur d'un enfant endormi.
まどろむ子供の脳裏に。

Lorsque sur vous la nuit jette son voile
夜のとばりが降りるとき、
Je glisse aux cieux comme un long filet d'or,
私は天に昇っていく、長い黄金の線のように
Et les mortels disent "C'est une étoile
すると人々は言う「あれは星だよ
Qui d'un ami vous présage la mort."
ある友が天に昇る前兆さ。」

*末尾のla mortはやや唐突だが、ロマン派の詩の半ば定型句。

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。