エルネスト・ショーソン 歌曲集「温室」より

エルネスト・ショーソン(1855-1899)
12 /30 2011
ショーソンの音楽には、これまで取り上げてきた作品の高雅なイメージにおよそ合わない作品もある。作品番号は24だが、実際には最後に作曲された歌曲だそうだ。滅多に演奏も録音もされない、この難解な歌曲集に向き合ってみた。

-----
エルネスト・ショーソン 歌曲集「温室」

原詩 モーリス・メーテルラーンク
作曲 エルンスト・ショーソン (op.24)



第一曲「温室」Serre chaude

O serre au milieu des forêts!
おお森のなかの温室よ!
Et vos portes à jamais closes!
お前の門はつねに閉ざされている!
Et tout ce qu'il y a sous votre coupole!
すべてはお前のドームの下にある!
Et dans mon âme en vos analogies!
私の心の中もお前と同じよう!

Les pensées d'une princesse qui a faim,
飢えたプリンセスの物思い、
L'ennui d'un matelot dans le désert,
砂漠の水夫のアンニュイ
Une musique de cuivreaux fenêtres des incurables.
死を待つ病人たちの窓に響くブラス音楽よ、
Allez aux angles les plus tièdes!
一番退屈なアングルに行け!

On dirait une femme évanouie un jour de moisson:
収穫の日に姿を消した女のようだ:
Il y a des postillons dans la cour de l'hospice;
ホスピスの中庭には御者たちがいる:
Au loin, passe un chasseur d'élans, devenu infirmier.
向こうを通り過ぎる鹿狩人は看護師となった。

Examinez au clair de lune!
月の光に調べてみよ!
(Oh! rien n'y est à sa place!)
(おお、場にふさわしいものは何も無い!)
On dirait une folle devant les juges,
言ってみれば裁判官の前の狂女、
Un navire de guerre à pleines voiles sur un canal,
満帆の戦列艦が運河に浮かび、
Des oiseaux de nuit sur des lys,
夜の鳥が百合にやどる、
Un glas vers midi,
真昼の弔鐘、
(Là-bàs sous ces cloches!)
(ほら、あの鐘の下に!)
Une étape de malades dans la prairie,
病人たちの牧草地での憩い、
Une odeur d'éther un jour de soleil.
エーテルの匂い、晴れた日!

Mon Dieu! Mon Dieu! Quand aurons-nous la pluie,
おお神よ、神よ、雨が降れば
Et la neige et le vent dans la serre!
雪と風が温室に!

*on dirait qn/qch...~のようだ、devenir→devenu過去分詞
スポンサーサイト

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。