ブラームス 「アルト・ラプソディ」♪

ヨハネス・ブラームス(1833-1897)
01 /31 2010
このBlogももうすぐ一年。最初に取り上げたのはブラームスだったので、久々に。

--

「アルト・ラプソディ」♪ Alto Rapsody 作品53

原詩 ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
(「冬のハルツ紀行」の一節から)
作曲 ヨハネス・ブラームス

Aber abseits wer ist's?
しかし、ひとり離れていくのは誰か?
Im Gebüsch verliert sich der Pfad.
茂みの中に、小道は見えなくなる。
Hinter ihm schlagen
彼の後ろで、木ずれの音がする、
Die Sträuche zusammen,
潅木の枝と枝とが(立てる音)。
Das Gras steht wieder auf,
(踏みしだかれた)草は立ちなおり、
Die Öde verschlingt ihn.
荒野が彼を呑み込んでしまう。

Ach, wer heilet die Schmerzen
ああ、誰がその苦痛を癒すだろう?
Des, dem Balsam zu Gift ward?
癒しの香油を毒薬に化してしまった者の(苦痛を)。
Der sich Menschenhaß
人としての憎しみを、
Aus der Fülle der Liebe trank?
溢れる愛から飲んでしまった者の(苦痛を)。
Erst verachtet, nun ein Verächter,
まず人が蔑み、今は人を蔑む者となり、
Zehrt er heimlich auf
彼はひそかに消耗する、
Seinen eigenen Wert
自分自身の価値を
In ungenugender Selbstsucht.
満たされることのないエゴイズムに。

Ist auf deinem Psalter,
あなたの竪琴が、
Vater der Liebe, ein Ton
愛の父なる神よ、ひとつの音が
Seinem Ohre vernehmlich,
彼の耳に聴こえるのならば、
So erquicke sein Herz!
彼の心を元気付けて下さい!
Öffne den umwölkten Blick
彼の曇った眼差しを開いてください、
Über die tausend Quellen
数限りない泉があることに、
Neben dem Durstenden
渇している者のすぐ隣に、
In der Wüste!
不毛の地でも!


アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
指揮 エドゥアルド・ファン・ベイヌム
独唱 アーフェ・ヘイニス
(1955年 録音)

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。