民主党を憂う 2

戦後左翼は帝国陸軍に瓜二つ。
02 /26 2008
民主党の経済テロリズムは着々と進行中。普段政治に興味のない小生も、最近は差し迫った恐怖を感じる。国会では審議拒否、議長斡旋にすら応じず、日銀総裁は不在。そして何の移行期間も無く2.6兆円の歳入は消え、地方財政は総崩れとなるのかと。小沢の傀儡政権樹立のために、ここまで恫喝するのかという恐怖をひしひしと感じる。

国家・国会(参議院)の機能を破壊して、それを自民党の失政とする民主党の戦略。日経は堂々の論陣を張って批判しているが、ほかの新聞も、アンチ与党の刷り込みを外して、何が一番国民の不利益、損害となるのかきちんと報道して欲しい、と思う。

追記:
議長斡旋には、共産党のみが応じたという。まともな野党が共産党だけという、この現状。

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。