伏見院 - みしひとも あとなきかぜの

コンデジ(Olympus & Sigma)と日記
04 /30 2007









花下懐旧

見し人もあとなき風の花のもと忘れぬ夢に春はふりつつ
(伏見院 広沢切より)

「親しかった人もいまは亡い、花を吹き散らす風が跡を残さないように。そして散る花の下に立っている私は、今も忘れない夢を思い、春は更けていく。」




スポンサーサイト

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。