アンドレ・カプレ「ロンサールのソネットによる2つの歌曲」より

アンドレ・カプレ (1878-1925)
11 /25 2011
「ロンサールのソネットによる2つの歌曲」より

原詩 ピエール・ド・ロンサール(1524-1585)
作曲 アンドレ・カプレ

「かくも甘き矢は」Doux fut le trait...
(1分28秒から)


Doux fut le trait qu'Amour hors de sa trousse
かくも甘き矢は、愛の神が箙から
Tira sur moi; doux fut l'acroissement
私を殺めようと、甘美にも放ったもの
Que je receu dès le commencement,
その最初の矢を受けてから
Pris d'une fiebvre autant aigre que douce.
甘いというよりも、もっと震えるような熱に見舞われた。
*recue→recevoirの過去分詞、fiebvre→fièvre

Doux est son ris et sa voix qui me pousse
甘美なのは彼女の笑み、彼女の声、それは遊離させる、
L'esprit du corps plein de ravissement,
私の魂を体から、天にも昇る心地に
Quand il lui plaist sur son Lut doucement
彼女がリュートを甘やかに奏で、
Chanter mes vers animez de son pouce.
私の詩句を歌って命を与えるときに。

Telle douceur sa voix fait distiler,
それほど甘やかに彼女の声は昇華させる
Qu'on ne sçauroit, qui ne l'entend parler,
分からないだろう、彼女が話すのを聞いたことのない人は
Sentir en l'ame une joye nouvelle.
魂の感じる新鮮な歓びを。
*sçauroit→saurait

Sans l'ouir, dis-je, Amour mesme enchanter,
それを聞かなければ、私は言おう、愛の神が魅惑したのだと
Doucement rire, et doucement chanter,
甘美な笑い、甘美な歌で、
Et moy mourir doucement auprès d'elle.
そして私は甘美に死ぬ、彼女の傍らで。
*mesme→même

---
16世紀の詩人、ロンサールは20世紀に入ってからリヴァイバルが進んだそうで、その詩にミヨーやルーセル、プーレンクといった作曲家たちが歌曲を書いている。先に取り上げたルーセルの作品と同じく、これは当時の吟遊詩人たちの哀歓-音楽による歓びと悲しみ-を歌った詩で、ハープは詩中で歌われるルネサンス期のリュートを描いている。歴史のなかから蘇った詩と文学に、こうして新たな命を吹き込んだ20世紀の作曲家たちの創意工夫は、私にとっては12音のドグマ一色に染め上げられた同時代の作品群よりも、はるかに興味深く、そして美しいと思う。こうした色とりどりの個性と創意にめぐり合うのはフランスの作曲家の歌曲を聴く大きな楽しみだ。

カプレのこの作品、闊達なピアノ伴奏の歌曲とは違ったカプレの抒情味と簡潔な旋律が水彩画のように綺麗だ。出来ればもっといい録音と演奏で聴きたいのだけれども...
スポンサーサイト

アンドレ・カプレ 「弦楽器と合唱のための七重奏曲」

アンドレ・カプレ (1878-1925)
11 /20 2011
珍しい編成..サンドリーヌ・ピオーが参加していますが、全編ヴォーカリーズです。

アンドレ・カプレ 歌曲「ラ・フォンテーヌの3つの寓話」より

アンドレ・カプレ (1878-1925)
11 /14 2011
「ラ・フォンテーヌの3つの寓話」

原詩 ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ
作曲 アンドレ・カプレ (1919年)

第一曲「カラスとキツネ」Le corbeau et le renard



Maître Corbeau, sur un arbre perché,
カラス殿は、枝にとまり
Tenait en son bec un fromage.
爪にチーズをつかんでいた。
Maître Renard, par l'odeur alléché,
キツネ殿は、その匂いにつられて
Lui tint à peu près ce langage:
ざっとこんなことを言った。
Hé! Bonjour, Monsieur du Corbeau.
「やあ!こんにちは、カラス殿。
Que vous êtes joli! Que vous me semblez beau!
何と貴殿は立派で、なんとお美しくみえることでしょう!
Sans mentir, si votre ramage
掛け値なしに、もしあなたの囀りが
Se rapporte à votre plumage,
あなたの羽毛に匹敵する(美しさ)なら、
Vous êtes le phénix des hôtes de ces bois.
あなたは森の主の不死鳥でありましょう。」
A ces mots le corbeau ne se sent pas de joie;
こんな言葉にカラスが有頂天にならないわけがなく、
Et, pour montrer sa belle voix,
美しい声を聞かせるために
Il ouvre un large bec, laisse tombe sa proie.
大きくくちばしを開けたので、獲物のチーズは落ちてしまった。
Le renard s'en saisit, et dit: Mon bon monsieur,
キツネはそれを摑んで言った。「よいですかな、
Apprenez que tout flatteur
あなたは知ることです、すべてお世辞というものに
Vit aux dépens de celui qui l'écoute:
聞き入る者は、食い物にされるのです。
Cette leçon vaut bien un fromage, sans doute.
この教訓はチーズひとかけの価値はありますぞ、疑いなく。」
Le corbeau, honteux et confus,
カラスは恥じて、取り乱して、
Jura, mais un peu tard, qu'on ne l'y prendrait plus.
誓いましたとさ、ちょっと遅すぎましたが、二度とかつがれまいと。
-----

アンドレ・カプレ 歌曲「夏の夜の夢」

アンドレ・カプレ (1878-1925)
11 /13 2011
「夏の夜の夢」Songe d'une nuit d'été

原詩 ポール・フォレ
作曲 アンドレ・カプレ(1919年、41歳)

La rose libre des montagnes a sauté de joie cette nuit,
et toutes les roses des campagnes, dans tous les jardins, ont dit:

山の野薔薇はこの夜歓びに小躍りし、
平原のすべての薔薇は庭でささやく。

"Sautons, d'un genou léger, mes soeurs, par-dessus les grilles.
L'arrosoir du jardinier vaut-il un brouillard qui brille?"

「飛び出そうよ、ひょいっと、妹たちよ、柵のむこうへ。
園丁の撒く水が、きらきらする霧よりいいはずがないだろ?」

J'ai vu, dans la nuit d'été, sur toutes les routes de la terre,
courir les roses des parterres vers une rose en liberté!

私は見た、夏の夜に、地上のすべての路の上で
薔薇たちが花壇を出て、一輪の野薔薇のもとへ行くのを!


(2分45秒から)

--

「ポール・フォレのフランスのバラードによる5つの歌曲」(1919年)、第四曲。闊達に走り回るピアノは、夏の夜に詩人が見た不思議、薔薇の立てたささやき声と、ケルト民話の妖精のように花壇を走り出て行く幻視の風景!

アンドレ・カプレ 歌曲「イーヴリンのわれらの山荘」

アンドレ・カプレ (1878-1925)
11 /10 2011
「イーヴリンのわれらの山荘」 Notre chaumière en Yveline

原詩 ポール・フォレ
作曲 アンドレ・カプレ(1919年、41歳)

Chaumière, vos parures sont marguerites, roses:
山荘よ、お前は雛菊とバラに装う、
à vos pieds ces blancheurs, et sur vous ces couleurs.
お前の柱は何と白く、数々の色彩に映えることか。
Chaumière, la nature est bonne à quelque chose:
山荘よ、自然は素晴らしい
elle abrite os coeurs dans un bouquet de fleurs.
それはわれらの心を花束のなかに守ってくれる、
Chaumière, cela dure autant que le bonheur.
山荘よ、これが幸せと共に続きますように。


---
イェイツ風の田園賛歌。この闊達に走り回るピアノは、山荘の壁を覆う花々の香り、「白い柱」の上に輝く太陽のスペクトル、花束に安らかに包まれた心、まるで光の戯れのようだ。

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。