リリ・ブーランジェ 歌曲「ウリッセの帰還」

リリ・ブーランジェ (1893-1918)
10 /07 2011
「ウリッセの帰還」Le retour

原詩 ジョルジュ・デラキ
作曲 リリ・ブーランジェ



Ulysse part la voile au vent,
ウリッセは帆に風を受けて出発する、
Vers Ithaque aux ondes chéries,
愛するイタカの海に向かって。
Avec des bercements la vague roule et plie.
揺籃のように波は渦巻き、うねる。
Au large de son coeur la mer aux vastes eaux
彼の寛い心には、大いなる水をたたえた海が浮かぶ、
Où son oeil suit les blancs oiseaux
その海に彼の目は白い鳥たちを追う、
Egrène au loin des pierreries.
彼方の宝石の粒をつまぐるように。

Ulysse part la voile au vent,
ウリッセは帆に風を受けて出発する、
Vers Ithaque aux ondes chéries!
愛するイタカの海に向かって。

Penché oeil grave et coeur battant
思いつめた目で心を高鳴らせながら、
Sur le bec d'or de sa galère
彼は自分のガレー船の黄金の舳にもたれる、
Il se rit, quand le flot est noir, de sa colère
彼は笑う、満潮が黒いときの自分の憤怒を
Car là-bas son cher fils pieux et fier attend
なぜならその向こうに、敬虔で誇り高い愛しい息子が
Après les combats éclatants,
華々しい戦いの後で待っているから、
La victoire aux bras de son père.
父が腕で勝ち取った戦いの後で。
Il songe, oeil grave et coeur battant
彼は夢見る、思いつめた目で心を高鳴らせながら、
Sur le bec d'or de sa galère.
自分のガレー船の黄金の舳にもたれて。

Ulysse part la voile au vent,
ウリッセは帆に風を受けて出発する、
Vers Ithaque aux ondes chéries.
愛するイタカの海に向かって。

* * *

わずか25歳で亡くなった女流作曲家、リリ・ブーランジェの作品を聴いている。オデッセイア伝説に取材したこの作品、深いピアノのバスの音が、深海からこみ上げてくる潮騒の音のようだ。黄金のガレー船を浮かべる「黒い潮」、未知の国々へと一行を漂流させる不吉な潮...長い航海の途上で、絶えず打ち寄せる波のように繰り返される詩節と旋律、セザール・フランクの流れを汲む真摯な音が聴こえる。なぜフランクの弟子たちには夭折や断筆、恐ろしい寡作がつきまとったのか。 

リリ・ブーランジェ 歌曲「平原の夜」

リリ・ブーランジェ (1893-1918)
10 /02 2011
平原の夜 Soir sur la plaine 

原詩 アルベール・サマン
作曲 リリ・ブーランジェ (1893-1918)



Vers l'occident, là-bas, le ciel est tout en or;
西に向かうと、ごらん、空は黄金色だ。
Le long des prés déserts où le sentier dévale
人のいない牧草地に沿って、下り坂の小道があり
La pénétrante odeur des foins coupés s'exhale,
刈り取られた干し草の強い匂いが立ち上る、
Et c'est l'heure émouvante où la terre s'endort.
大地がまどろむ、胸をうつ時がきた。

Las d'avoir, tout un jour, penché mon front qui brûle,
疲れが一日中続き、うつむく私の額は熱い、
Comme on pose un fardeau, j'ai quitté la maison.
重荷を背負ったように、私は家を出た
J'ai soif de grande ligne et de vaste horizon,
雄大な地平線を見たくてたまらずに。
Et devant moi s'étend la plaine au crépuscule.
そして私の前には、夕暮れの平原が広がっている。

Une solennité douce flotte dans l'air,
大気のなかを甘美な神秘が漂い、
Ma poitrine se gonfle au vent rude qui passe;
私の胸は、通り過ぎる荒々しい風に昂ぶり
Et mon coeur, on dirait, grandit avec l'espace,
私の心は大きく膨らむ、
Car la plaine infinie est pareille à la mer.
無限の大平原は、大海原のようだから。

La faux des moissonneurs a passé sur les terres,
刈入れをする人たちの大鎌が地面を通り、
Et le repos succède aux travaux des longs jours ;
長い日々の労働のあとの休息が続く、
Parfois une charrue, oubliée aux labours,
点々と、仕事中に置き忘れられた鋤が、
Sort, comme un bras levé, des sillons solitaires.
振り上げた手のように、離れた畝から突き出ている。

L'angélus au loin sonne, et, simple en son devoir,
夕べの鐘が遠くで鳴り、
La glèbe écoute au ciel tinter la cloche pure,
耕地は空から響く澄んだ鐘の音に聴きいる
Et comme une humble vieille en sa robe de bure
それは、荒い毛織物をまとった敬虔な老婆が
Semble dire tout bas sa prière du soir.
夕べの祈りを低い声で呟いているかのよう。

La nuit à l'orient verse sa cendre fine;
東方の夜が細かな黒灰を注ぎ、
Seule au couchant s'attarde une barre de feu*;
ただひとつ日没に残るのは、火の柱。
Et dans l'obscurité qui s'accroît peu à peu
少しづつ増していく暗闇のなかで、
La blancheur de la route à peine se devine.
道の白さがかすかに目にうつる。

*une barre de feu
出エジプト記第13章(新共同訳)
「主は彼らに先立って進み、昼は雲の柱をもって導き、夜は火の柱をもって彼らを照らされたので、彼らは昼も夜も行進することができた。」

Puis tout sombre et s'enfonce en la grande unité.
それから全てが一斉に闇に沈み、
Le ciel enténébré rejoint la plaine immense...
暗い空が広大な平原に融け合う、
Écoute! ... un grand soupir traverse le silence...
聴いて! 沈黙を走る大いなる溜息を..,
Et voici que le coeur du jour s'est arrêté!
一日の魂が止まったのだ!

Et mon âme a frémi de se sentir trop seule,
私の心は震える、深い孤独を感じて、
Et tout à coup s'allège à retrouver là-bas,
すると突然、私はそこに再び見て安堵する
Énorme et toute rose en son halo lilas,
ライラックの光輪に浮かぶ大輪の薔薇、
La lune qui se lève au-dessus d'une meule.
干草の山の上に上った月を見て。

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。