札幌交響楽団第604回定期演奏会 ラドミル・エリシュカ指揮 を聴く

アントニーン・ドヴォジャーク (1841-1904)
10 /29 2017
札幌交響楽団第604回定期演奏会を両日とも聴く。
両者の組み合わせで初めて聴いてから10年近くが経った。その間の札響の変化には驚くばかりだ。初めて聴いたときは、生真面目だが、自分で自分の限界を設定してその中で一生懸命やっている感があった。しかしマエストロとの共演以来、数々の演奏会で結果を出し、両者で15枚(!)のCDを世に送り、2回の満席の東京公演でスタンディングオベーションを浴びるという、おとぎばなしのような成功を収めて、雰囲気はすっかり変わった。(日々の演奏生活にもそんな奇蹟が起こる!)。今回の最後の公演も、特にドヴォルジャークの「チェコ組曲」は管楽器のソロの多い曲目だけれども、各奏者が闊達にソロの受け渡しをしながら、一糸乱れぬアンサンブルのなかで音楽を自発的に展開している感触、目を見張るような進境だった。そして最後の曲、2006年12月の両者の最初の演奏会で大成功を収めた「シェエラザード」を最後の演奏会で指揮したマエストロ。あの曲が、氏のタクトでは、冒険に胸躍らせる青年の船出のように響いた!11年間の航海をともに送り、マエストロは母港に帰っていく。私たちは感謝と限りない思い出とともに氏の帰還を見送り、新たな船出に向けて出発しよう。

マエストロ、本当に有難うございました。あなたのドヴォルジャーク・ヤナーチェクは、チェコの音楽伝統そのものの体現であり、その大木の緑陰にオーケストラと聴衆をいざなってくださいました。

-----------
札幌交響楽団第604回定期演奏会
~エリシュカ最後の来日公演~ありがとうマエストロ ありがとう札幌~
2017年10月27日 19:00~
2017年10月28日 14:00~
会場 札幌コンサートホールKitara
指揮 ラドミル・エリシュカ(札響名誉指揮者)
Radomil Eliška, Conductor
曲目
スメタナ 歌劇「売られた花嫁」序曲
ドヴォルジャーク チェコ組曲 ニ長調
リムスキー=コルサコフ 交響組曲「シェエラザード」op.35

201710_sub-thumb-300xauto-921.jpg
http://www.sso.or.jp/concerts/2017/10/604/

大阪フィルハーモニー交響楽団 第512回定期演奏会  ラドミル・エリシュカ指揮 

アントニーン・ドヴォジャーク (1841-1904)
10 /21 2017
2017年10月20日
大阪フィルハーモニー交響楽団 第512回定期演奏会
ラドミル・エリシュカ指揮 
(金)19:00開演 
  ドヴォルザーク/伝説曲 作品59より第1~4曲
  ドヴォルザーク/テ・デウム 作品103
(木下美穂子(S)、青山貴(B)、大阪フィルハーモニー合唱団)
  ドヴォルザーク/交響曲第6番 ニ長調 作品60

この曲目は凄いとおもう。オールドヴォルジャークの曲目だが、ポピュラーな曲はひとつもない。広く知られている姿に至るまでの、ドヴォルジャーク自身の模索をぶっつけたようなプログラムである。
ピアノ連弾曲をオーケストレーションした「伝説曲」。原曲のすっきりした旋律線をいくつもの楽器が分担するから、どうしてもごてごてとした曲になる。その中からかけがえのない抒情を浮かび上がらせるエリシュカ氏の手腕。夾雑物の多い曲から美点を弾き出す(というより曲が氏の純粋な魂に共鳴する)のは、かつて触れたスークの「おとぎばなし」の名演を思い出させた。
大阪フィルハーモニー合唱団には惜しみない賛辞を。澄んだ伸びやかな音色は、エリシュカ氏の音楽に実に合う。平成20年に両者がフィルハーモニー会館で演奏した「グラゴルミサ」は、私の知る限り、名演として知られる録音を含めて、この曲の最高の演奏として今も耳に残っている。このドヴォルジャークの知られざる名曲でも。華やかなトロンボーンの連打からはじまる、ひたすらな主と生命賛美の曲を、天上のような響きとした。
ドヴォルジャークの交響曲第六番は、滅多に演奏されない曲だが、ブラームスの三番ばりに凝ったアンサンブルで、一歩間違えれば蛇行運転になりかねない。それを見通しよく、見事に捌いたエリシュカ氏の叡智のタクトと、ドライブ感溢れる若々しさ。それは告別演奏会という感傷を吹き飛ばす、永遠の若さともいうべき眩い光を放っていた。
終演後は満員の観衆のスタンディングオベーションが続いた。エリシュカ氏の音楽は日本の聴衆の心に、いつまでも新鮮な記憶として残るだろう。

無題

アントニーン・ドヴォジャーク オペラ 「ルサルカ」 第三幕冒頭のルサルカのアリア

アントニーン・ドヴォジャーク (1841-1904)
09 /24 2017

アントニーン・ドヴォジャーク
オペラ 「ルサルカ」 第三幕冒頭のルサルカのアリア


Mladosti své pozbavena,
若さを奪われ,
bez radosti sester svých,
姉さんたちのような喜びもなく,
pro svou lásku odsouzena
人間への愛のために罰を受け
teskním v proudech studených.
冷たい流れの中で物思いに暮れる。

pro svou lásku odsouzena
人間への愛のために罰を受け
teskním v proudech studených.
冷たい流れの中で物思いに暮れる。
Ztrativši svůj půvab sladký,
甘い魅力を失い,
miláčkem svým prokletá,
愛する人には罵られ,
marně toužím k sestrám zpátky,
空しく姉たちの許へ戻ろうとし,
marně toužím do světa.
空しく人の世界に憧れている。

Kde jste, kouzla letních nocí
どこにあるの,夏の夜の魅力は,
nad kalichy leknínů?
睡蓮の萼の上に漂っていたのに?
Proč v tom chladu bez pomoci
なぜこの冷たい所で助けもないのに
nezhynu, ach, Proč nezhynu?
私は死ねないの?

Mladosti své pozbavena,
若さを奪われ,
bez radosti sester svých,
姉さんたちのような喜びもなく,
pro svou lásku odsouzena
人間への愛のために罰を受け
teskním v proudech studených.
冷たい流れの中で物思いに暮れる。

Proč v tom chladu bez pomoci
なぜこの冷たい所で助けもないのに
nezhynu, ach, nezhynu?
私は死ねないの?

ドヴォルジャークのオペラ「ジャコバン党員」から 第三幕、伯爵のアリア

アントニーン・ドヴォジャーク (1841-1904)
07 /12 2017
ドヴォルジャークのオペラ「ジャコバン党員」から
第三幕、伯爵のアリア

老伯爵とその勘当された息子とを仲直りさせようと、音楽の先生ベンダは説得を試みます。しかし老伯爵は、息子がジャコバン党員になったというデマに欺かれて、それを退けますが、後悔と悲しみに苛まれる、という場面です。父親の怒りと悲しみ、そして過ぎた日々への思い。ドヴォルジャークの声楽曲の真骨頂か。



伯爵 
Ó, nevzpomínej! Ten úsměv děcka,
おお、思い出させないでくれ!あの子の微笑み、
ty líce ruměné, má radost všecka!
薔薇色の頬、わが喜びのすべて!
Ty chvíle blažené se víc nenavrátí.
あの至福の時は二度と戻ってこない!

ベンダ 
Já vždycky sníval, ty slasti času dávného
私はずっと夢見ていました、昔の楽しかった時が
s dítkami syna drahého, že se vám vrátí!
愛しい息子さんの幼子とともに、あなたの許に戻ってくることを。

伯爵 
Ne, nenavrátí! Ten úsměv děcka,
いや、戻ってくることはない!あの子の微笑み、
ty líce zardělé, má radost všecka.
赤らんだ頬、わが喜びのすべて!
Ty chvíle blažené se víc nenavrátí.
あの至福の時は二度と戻ってこない!

ベンダ 
A haluz rodu starého vypučí z kmene jarého; 
老木も春には枝から新芽を吹くといいます。 
ó, pomněte, jsou vaše krev!
おお、血を分けた家族を思い出してください。

伯爵 
To děti ženy cizí,
見知らぬ女が産んだ子か、
k ní nikdy nevymizí má zášť i hněv!
あの女のことを思うと今でも腹が立つ!
Mně odcizila syna, a což víc jeho vina:
わしから息子を奪い、さらにあの息子の不行跡!
se přidat k rotě lidu zvrhlého,
いかがわしい連中の一団に加わった
jenž boří vše, co v světě svatého!
この世の聖なるもの全てをぶち壊すような連中だ!
Má krev, můj syn! To učinil můj syn!
血を分けたわが息子が、そんなことをしでかしたのだ!
Slavného rodu jméno
誇らしいわが家門の名は
na věky potupeno v kal nejnižší!
永遠に地に落ち、泥まみれとなったのだ!

ベンダ
A přece svazky otcovské lásky
それでも父親の愛という絆は
jsou nejbližší!
かけがえのないものです!

伯爵 
Ne, ne, já nemám syna!
いや、いや、私には息子はおらん!
Jdi, nemluv o něm dál!
行ってくれ、あの子のことは二度と話さないように!

ドヴォルジャーク オペラ「悪魔とカーチャ」より 第三幕女領主のアリア

アントニーン・ドヴォジャーク (1841-1904)
07 /12 2017
ドヴォルジャークの後期のオペラは旋律もきれいだし、オーケストラも凝っていて聴き応えがあります!「ルサルカ」の前年に書かれたオペラ「悪魔とカーチャ」から第三幕、悪魔の来襲に怯え、強欲さを悔いる女領主のモノローグです。

-------
ドヴォルジャーク
オペラ「悪魔とカーチャ」より


第三幕 女領主のアリア
KNĚŽNA(女領主)
Jak smutno v zámku - pusté síně,
何て館の中は寂しいのかしら-広間にはひとりもいない
jež veselostí hlaholily -
かつては笑い声が響いていたのに
teď ticho všude jako v hrobě,
今はどこも墓場にいるみたいに静かで
jen ohlas kroků zvučí sálem.
広間に響くのは足音だけ。
Zde rozkoš vládla - rozkoš smavá -
ここには楽しみ、微笑がいっぱいあって
a řady hostů rozjařených
陽気な客人が大勢いて
tu u jejího dlely trůnu.
玉座近くに侍っていた。
Jak sen tu život plynul krásně,
毎日は夢のように美しく流れていった
sen lásky, blaženosti, štěstí,
愛の夢、陶酔、幸せ
když náhle zazněl - jaká hrůza -
ところが突然-ああ恐ろしい-
hlas věštby, hlas děsný, nelítostný.
予言者の恐ろしい、容赦ない声が響いてきた。
Ten ze snění nás vyburcoval
あの声で私たちは夢から覚めた
tak náhle - úžas všech se zmocnil,
突如として-皆は震えあがって
že peklu propadla já bídná.
哀れな私は地獄に落とされる。
Ó, cinkot převržených číší
ああ、転がった盃の鳴る音
a bledé tváře vyděšené,
驚き青ざめた顔また顔-
vše prchalo ve zmatku divém.
誰もが慌てふためいて逃げ去った。
Já sama zbyla - v propast hříchu,
私は一人残された-罪の奈落に
jež přede mnou teď zela tmavá,
今私の前には暗い深淵が口を開け
zrak zoufalý se zahleděl.
ぞっとする目つきで私を睨んでいる-
Mne lítost chvátí - jasně vidím,
私は悔恨の念に苛まれ-はっきりとわかる
jak žila jsem, co hříchů hrozných
これまでの生き方が、何と恐ろしい罪が
se pod rozkoše květy krylo -
歓楽の花の下に隠されていたことか-
však co vše platno - pozdě - pozdě!
だが今となっては致し方ない-もう遅い!
Co zbývá mi? Jen marná naděj.
私に残されたことは? 一縷の望みもない。
Kdo mohl by mne vysvobodit?
だれが私を助けてくれよう?
Sama jsem - jak úzko je mi - úzko!
ひとりだとーなんて心細いこと!

ISATT

愛好する歌曲・カンタータの試訳集です。